購入前に考えよう!機械式時計に必要なお手入れとは

機械式時計を長く使うには?

機械式時計はクォーツ式時計と比べて、長く使える時計とされています。しかし、当然ですが何の手入れもせずに長く使うことはできません。一見すると奇麗な状態だから大丈夫と思うこともあるでしょう。ですが、それは外側の話です。手入れなしで使い続けると、普段は見えない内部に問題が生じ、精度が悪くなったり、ゼンマイが通常よりも早く切れたりといった不具合が出てきます。そうした不具合を防ぎ、長く大切に使うためには、やはり適切な手入れがどうしても必要なのです。

機械式時計に必要な手入れって?

機械式時計を良い状態に保つには、定期的な専門家によるオーバーホールが必要です。時計を分解、清掃し、潤滑油の劣化や部品の摩耗具合、腐食などがないかを確認、必要があれば部品の交換も行います。このようなオーバーホールは専門の知識や技術がないと不可能です。なので、販売メーカーやオーバーホールを受け付けている店舗に依頼することになります。必要となる期間や費用はどこに依頼するかやオーバーホールを依頼する時計の種類によっても変わってくるので、確認することが必要です。

無理せず機械式時計を楽しむために

このように機械式時計を使用するには、どうしても定期的にオーバーホールが必要となります。これはつまり、ランニングコストが必要ということです。オーバーホールの周期は、特に異常がなければ3年から5年に一度程度とされています。機械式時計購入の際には、その後の維持費用のことも考慮し、無理せず楽しめる範囲を確かめておくといいでしょう。

グランドセイコーは日本の高級腕時計ブランドです。スイスのクロノメーター規格よりも厳しい検査基準が設けられており、その品質は世界最高峰と言っても過言ではありません。