しっかり選別する方法って?残したい写真の選び方のポイント

撮った写真は整理整頓が必要

デジカメやスマホなどで撮影した写真には様々な思い出がありますが、そのまま保存しておくと容量がいっぱいになってしまうためパソコンなどに移動する必要があります。さらにそのパソコン内でもそのまま保存しているとどんどん容量が足りなくなってしまうので、定期的に不要な写真と残しておきたい写真を整理整頓しなければいけません。

ですがそこで多くの人はどの写真にも思い出があるため、どれを残しておけば良いのか分からずになかなか整理できないと悩んでいるようです。

ベストショットを選んでみる

撮影している写真の中には実は何回もシャッターを押してしまった結果、似たような構図になってしまっているものが少なくありません。そのためまずは、似たような構図の写真を集めてその中からベストショットと言えるものを選びます。

ベストショットを選んでしまえばその写真だけで十分思い出に浸れますし、似たような写真から厳選したものなので満足感とともに保存できるところが魅力です。

写りの悪いものは削除する

沢山撮影している中には人物や景色がぶれてしまっているものや、人物の目が閉じてしまっているものなど見栄えの悪いものもいくつかあります。残しておきたい写真に迷っている場合は、これらの写りの悪いものはどんどん削除していくのがおすすめです。

見ていて思い出に浸れるものを探す

上記のように写りの悪いものは、どうしても当時の思い出に浸るよりも前に撮影の失敗談のような話題になりがちです。

それとは逆にカメラ目線で撮影できているものや自然な表情で撮影できているもの、表情が豊かなものを選ぶと当時の思い出を振り返りやすく、浸って楽しめます。そのため当時の思い出を振り返って楽しめるものを選ぶようにすると、保存するのもひとつの楽しみにできるのです。

現在ではパソコンさえあれば自宅で手軽にフォトブックが作れます。時間を気にすることなくどの写真を使おうか納得がいくまで選び放題の迷い放題、手順に沿って進めていくだけなので簡単かつ出来栄えもプロ並みです。