長持ちさせたい!機械式時計の手入れの3つのポイント

クリーニングはどのタイミングで行ったらいい?

時計は毎日動いているものなので定期的なメンテナンスは必要です。中でも機械式時計はより複雑な仕組みになっているので、メンテナンスを忘れてしまうと故障の原因となります。しかしどのタイミングで行ったらいいのか分からない方も多いでしょう。基本的には約3~5年に1回がメンテナンスの目安となりますので、忘れないようにしておきましょう。時計を使用していなくてもメンテナンスを行う必要はあり、放っておくとゴムの部分が傷んでしまったり、油が蒸発してしまう恐れがあります。

機械式時計のメンテナンスはなぜ重要?

機械式時計の針は、ゼンマイによって動いています。さらに時計の中には、様々なパーツが組み合わさって出来ているのです。そのため電池で動いている時計よりも、機械式時計の方が繊細で壊れやすくなっています。時計の中のパーツで一番重要なのはムーブメントと言う時計の心臓部分です。ここは時計の針を動かすのにとても重要な役割を果たす部分であり、しっかりとメンテナンスを行わなければ故障の原因となります。

メンテナンスに費用はどのくらいかかるの?

機械式時計の種類によってもメンテナンスの費用は異なってきます。中級ランクと言われているカルティエやオメガなどのブランドは、約2万円ほどかかります。それ以上のランクだと約4万円ほど必要になってきます。メンテナンスを行うのにお店を探すには、値段だけで判断しないようにしましょう。あまりにも安い値段を売りにしている所は、技術力が期待出来ない場合も多いので気をつけなければいけません。

ブシュロンは、1858年にフランスで創業した高級宝飾品ブランドです。ジュエリーだけではなく、時計や香水の商品展開もしています。