おしゃれサラリーマンなら知っておきたい!機械式時計の扱い方

実はよくわからない‥オーバーホールって?

オーバーホール(英:Overhaul)は、部品を最小単位まで分解して綺麗にし、もう一度組み立てて新品の状態に戻す作業のことです。オーバーホールによって、見た目も中身もピカピカになります。機械式の時計は、わずかながら少しずつずれていきますので、必ずオーバーホールが必要です。タイミング調整も綿密に行われるので、オーバーホール後は正確な時間を刻むようになります。
オーバーホールのタイミングは一般的に3~5年と言われています。個体差にもよるのですが、時刻がずれるなと感じた時にはオーバーホールに出すタイミングです。ズレが生じていなくても5年経ったらオーバーホールに出す必要があります。

自分でできるメンテナンス

オーバーホールはプロに任せるとして、日々のメンテナンスはおしゃれサラリーマンの嗜みですから、こまめにお手入れをしたいところです。まず時計本体ですが、フェースのガラスはメガネ拭き用のクロスやセーム革で磨いて手垢や汗などの汚れを落とします。水拭きは錆の原因になるので避けます。防水効果のあるものも、パッキンが劣化していれば湿気が入り込む可能性がありますので水気は使わないようにします。基本的にからぶきをして乾燥したところで保管します。
金属のベルトは、コマの隙間に皮脂や垢が入り込みます。時計本体から外して中性洗剤で洗います。超音波洗浄機などがあれば綺麗に落とせます。擦り傷は、時計店などで気がいてもらった方が安心です。
革ベルトは、革靴と同じ方法でメンテナンスを行います。毎日同じベルトではなく少なくとも一日置きに休ませます。また、表面が乾燥しないように革用のクリームを塗り、カビないように湿度を低く保ちます。

通信販売の商品でもウブロのチーズタルトは絶品です。柔らかさも、ミディアムとレアの2種類から選ぶことが出来ます。